建築設計は京都の起廣プラン

Policy - ポリシー

Policy

数寄屋建築

店舗設計

私たちの基本理念は”家 ”の創造です!

住宅というものは、息づいていなければならない。人間形成に深くかかわり人間と共に発展していくものでなくてはならない。それは家族の肖像であり、歴史でもある。住宅はただ単に建築物ではなく”家”の人となり ― であり、”家”の象徴である。わたしたちの基本理念は”家”の創造です。

“家”をつくることは、多くの場合、一世一代の大仕事です。皆様の大きな決断を真摯に受け止めることが最も大切だと考えております。全知をもってプランを考え、情熱の下に施工し、熱意の期に竣工を迎え、満足と希望のなかで入居していただくこと。これこそスタッフの喜びであり、追い求めている成果です。
漠然とした” 夢“を細部に渡って受け止め、具体的な”要望”へ変え、現場への”指示”として伝えるのが家づくりです。
お施主様、弊社スタッフ、職人の三者が一体となってこそ、生き生きとした住まいが誕生します。携わる人間の熱き”心”が結ばれてこそ”夢”は実現します。

木へのこだわり

家は暮らしを支える大切な”うつわ”です。家づくりに必要なのは、長く安心して暮らす為の心地よさ、健康への配慮ではないでしょうか。
健康上のさまざまな問題が浮かび上がっている今、私たちを守ってくれるのが無垢です。
無垢は、他の建材には決してマネの出来ない心地よさを私たちに提供し、樹木の伐採、植林のリサイクルにより再生可能な資材として、半永久的に大きな恵みをもたらしてくれます。
無垢は、精神に安らぎを、身体に健康を、地球にいたわりを与えてくれるのです。天然素材をふんだんに使った「木の家」で、木のぬくもりを肌で感じることの出来る家は、永く暮らすほど思いが刻まれ、味わいを増していきます。木に囲まれた新しいライフスタイルの提案と、人の肌に触れるところに”ナチュラルな素材”を基本に考えています。

Personal space – 住宅 <あなたの、あなたによる、あなたのための>

”家”にはそれぞれの立地や家族構成、ライフスタイル/伝統といったコンテクスト(文脈・背景)があり、人それぞれに見合った住まい方があります。わたしたちは、”家”作りの基点として、このコンテクストをもっとも大切に考えています。

Remodeling – 改造 <生かすこと>

物の価値を正しく評価し、現存するものはあくまでも大切に考え、これまで培ってきた”家”の基幹を変えることなく、今に見合った住まい方を提言すること。リモデリングにより、空間と機能に新たな生命を吹き込み、美しさと快適さを増すものでありたいと考えます。

Shop & Store – 店舗 <記憶に残す>

店は人々にメッセージを伝え、刺激を与えることが大切です。人々をいかに引き立たせ動員へとつなげられるかが、デザインするうえで最も重要なことです。感性的な付加価値を求めている人々に、主張のある印象深い店を作り出していきたいと考えます。


  

▲TOP