建築設計は京都の起廣プラン

Process - プロセス

Process

建築設計、京都の起廣プラン

デザイン設計

数寄屋建築

1. お問い合わせ

当事務所に設計の相談をしたいとお考えの方は、「設計要望書」にご記入の上、ご返送ください。内容を確認させていただいた上で事前相談の日程を調整いたします。

2. 事前相談(ヒアリング)

事前相談では、お客様の思い描かれている理想のお住まいや、ご要望について、計画地の状況、ご予算などを詳しくお聞きします。生活スタイルに合う間取りの考え方や、今のお住まいに対するご不満などをお聞きします。
当事務所(自社設計の建物)にお越しいただければ、空間の雰囲気や材料の質感などを体感していただくことができます。

3. ラフプランの提示(敷地調査、スケジュールの作成)

お客様よりお聞きした内容をもとに、敷地の現地調査、法規制の調査など建物を建てる諸条件を詳しく調査します。その上でラフプランを作成し、概算予算表(設計監理料の明示)、資金計画、プロジェクトの流れ、ヒアリングからお引越しに至るまでのスケジュールを提示いたします。使用される家具や設備器具などの種類と大きさを採寸します。(ここまでの費用はいただきません。)

4. 設計契約

ラフプランで提示させていただいた内容で何度かやりとりさせていただいた上で、予算の組み立て、スケジュールが確定し、お客様の当事務所への設計依頼のご意思が固まりましたら、設計契約(建築設計・監理等業務委託契約)を締結します。契約に先だって契約に関する重要事項を書面でご説明をさせていただきます。

5. 基本設計

さらに打ち合わせにて、ご要望を整理します。敷地の地盤調査、測量等を進め、平面プラン構造計画を固めます。模型制作、内観スケッチにより断面、立面の計画の方針を決定しご説明いたします。

6. 実施設計

基本設計をもとに詳細設計を進めます。設計が進んだ段階で内部や設備の仕様の打ち合わせをさせていただき、工事の見積もりができる図面を作成します。同時に建築確認申請等の事前協議や、必要に応じ構造計算を行い建築確認申請を提出します。

7. 工事見積・工事契約

実施設計に依る工事見積をします。工事請負契約(契約約款、設計図、見積書、工事工程表)を締結します。

8. 工事着手

近隣にご挨拶の上、基礎工事(もしくは、解体工事)より着手します。屋根、外壁、床材、設備機器等の確認をします。
(ご希望により地鎮祭のとり行いを致します)

9. 工事監理

工事が始まりましたら、設計通りに工事が進んでいるか、工事監理をします。

10. 上棟

中間検査として、(基礎工事では、配筋検査)構造、金物、断熱、下地検査を受けます。
(ご希望により上棟祭のとり行いを致します)

11. 内部仕上げの打合せ

内部仕上げについて、タイル、クロス、その他仕上げ材、設備機器等の最終確認をします。

12. 竣工

完了検査で各種検査などの立会いをします。
引渡しに関して、建物保証、機器、器具の保証書類、器具取扱説明、設計図USB、工事写真USB、鍵、銀行用及び登記関係書類一式をお渡しし、お客様の満足とともにご入居して頂きます。

13. 引渡し後の保証

住宅瑕疵担保責任保険事業者届出、JIO友の会保険加入者、高品質住宅保証システムの登録をしており、建物と地盤に10年間の保証をしております。地域密着の施工体制によってアフターサービスも万全です。


  

▲TOP